通信制高校に通うと偏見なのか

日本では戦後から通信制学校が開校されており現在は各都道府県に1校は配置されています。
入学費などは私立と公立によって分かれますが教える内容は一緒になっています。
この通信制の高校を卒業することにより全日制の高卒と同じ資格が与えられることになります。

どうしても通信制高校というとマイナスイメージがある

そんな通信制高校ですが、そこに入学するのを躊躇う人が多いのが現状です。何故かと言うと、通信制に通う人は何かしらの理由があって通っているのです。
イジメや登校拒否、不良などによる退学等理由は様々です。そんな理由のある生徒を偏見な目で見る同学年の子や世間の目があります。
この世間の目があることによって入学するのを躊躇ってしまっている人がいることは残念な事です。なぜ偏見はあるのでしょうか。

通信制高校に偏見がある理由

一つは日本人独自の文化がそこに根付いてるのです。日本人は古来から集団行動をすることが社会的模範の一つとされてきました。
よって集団行動から外れた行動をしている人には差別的な目線で見ることがあります。場合によっては攻撃的な発言、暴力的な発言をし傷つけることもあるのです。
こういった日本の文化がまだ根強く残っているので通信制高校に通う人々は集団行動から外れた人とレッテルを貼られてしまいます。
それが偏見を持つ根本的な心理であると考えられています。ではどのように克服したらよいのでしょうか。
学校側あるいは自治体が協力して生徒を守るために立ち上がることが求められています。
いかなる理由であろうとも、教育を受ける環境は平等になければいけないのが憲法の教えであります。
それに基づいて行動していく以上は生徒を守ることが、周りには求められるのです。その歯車がうまくいけばもっと安心して通信制高校に通えることができるのです。